ウォーターサーバーは便利でお得!

実際に使ってみた口コミ

地球は青かったという言葉は、旧ソ連の宇宙飛行士ガガーリンが言った有名な言葉です。
もっとも海外では「神はいなかった」という言葉の方が有名なようですが、一つの宗教を国家単位で信じているわけではない私たち日本人にとってみるとそれほどたいした言葉ではないように思えるものです。
それよりも地球が青いという事実に対して、日本人は興奮を覚えるものです。

地球はなぜ青いのか

そもそも地球はなぜ青いのでしょうか。
理由は陸地よりも海の面積が多いからです。
元々地球が出来たときには陸地はそれほど存在せずに、ほとんどが海だったと言われます。
地球の長い歴史の中で、噴火や地震を繰り返すうち陸地が出来てきてそこに生き物が住むようになり現在に至っているのです。
だからこそ地球が青いことは至極当然で、お水をたくさん手に入れられる環境にあることにも違いはありません。

使うことが出来るお水は限られている

ところが、人類が使うことの出来るお水は限られています。
なぜなら海のお水は塩がたっぷりと含まれた塩水だからです。
あれを毎日飲み水として使うことは不可能と言うことくらい皆さんもご存じでしょう。
私たちが水分補給として使うことの出来るお水は淡水に限られます。
つまり、地球は水の星と言ったところで使うことが出来る水は限られているのです。

一体どこにお水が隠されているのだろうか

では私たちが使うことの出来るお水は一体どこに隠されているのでしょうか。
まず一番わかりやすいところにあるお水は川の水です。
山からわき出してきた水が、高いところから低いところへと集まる仕組みで川ができあがりそこにはたくさんの淡水が流れています。
しかしあれをそのまま飲むことなど出来ませんし、汚染されてしまうとなかなかおいしいお水にはなりません。
こうした欠点を回避できるのが「地下水」です。

くみ上げてしまえば飲むことだって出来る

山や平地の地下には、水がしみこんで溜まっている水脈があります。
地下水は昔から井戸を掘って使ったり、温泉が出てこないかと掘り出した結果大当たりになったりと様々な使い方がされてきました。
長い時間をかけてじっくりとろかされてきたことから、非常に綺麗なお水という点が特徴的です。
地下にある以上簡単に飲むことは出来ませんが、いったんくみ上げてしまうプロセスを作れば長い間お水で困ることがないというのもうれしいところです。

いろいろな会社が参入しお水をくみ上げている

現在地下水に目をつけたたくさんの会社がお水をくみ上げては様々なサービスに活用しています。
特に地下水を使ったウォーターサーバーは近年雨後の竹の子のようにたくさんの会社が登場しており、安い値段でおいしいお水が飲める生活を実現しています。

コストとパフォーマンスの両立

地下水をくみ上げるためにはとても大がかりな装置が必要です。
自分の会社で用意できるという所は少ないため、他社がくみ上げたお水を購入しているという会社もあるくらいですからなかなかカンタンには自分でお水を取り出すと言うことが出来ないのです。
しかし、おいしい水素水 効果を安い値段で提供したいという思いを持った会社がたくさんあるためコストとパフォーマンスを上手に両立したたくさんのウォーターサーバーが市場を賑わせています。

大手ならではのノウハウを

ウォーターサーバーの販売会社がたくさんありますが、やはり元々大手の会社新規に参入してくるとほかの会社よりも遙かに有利に立つことが出来ます。
なぜなら今まで培ってきた大手ならではのノウハウを事業に応用できるからです。
普通の会社ではなかなか出来ないようなことも莫大な資金力でかなえてしまったり、ほかの会社ならば悩むようなことも大手が持つ特殊な技術で回避できてしまう。
これは大手ならではのノウハウがあるからこそまねできることであって、普通の会社にはまねできません。

安心感やアフターケアも万全

大手の会社は従業員が少しでも悪いことをすればマスコミからものすごい勢いでたたかれます。
倒産することはないけれど、お客様センターには膨大の問い合わせの電話やクレームの声が届くのです。
そのため少しでも問題が起きないようにと様々なところで予防線をはっています。
ウォーターサーバー事業も、何か問題が起きればマスコミからすぐに取材が入るのは目に見えていますしお客様からの信頼を失うことも明らかです。
だからこそアフターケアや安全安心を維持するための様々な対策にお金をかけているのです。

あなたのおうちで使うお水はどれにする?

今回は大手の飲料メーカー「キリン」が提供するウォーターサーバーについてご紹介したいと思います。
ジュースやお酒でおなじみのキリンが提供し始めたウォーターサーバーが私たちの生活にどのように役立ち、またどのような特徴があるのかと言うことをご紹介しましょう。
サーバー選びで悩んでらっしゃるというのであるならば、選択肢の一つになるかも知れませんよ。